スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海幸山幸2009

6月7日、富山にいってきました
ヘタレ編集長、初富山です。
富山といえば「きときとの」ですが
そっちのほうはちょっとだけガマンして
「海幸山幸2009」というイヴェントへの参加です。


初の試みであるこのイヴェントは
富山の旨いもんと、なんとお隣、長野県のワインのコラボレーション

場所は富山市の繁華街、総曲輪のグランドプラザ
屋外でありながらガラスの天井で覆われた全天候型の
ステキな空間でした

まず入り口で専用グラス(¥200)を購入、そのあとは会場内で出展されている
13店舗の飲食店が提供する食べ物(¥200~)、長野の5ワイナリーと
富山の1ワイナリーのワイン(¥100/¥200)を自由に飲食できます

実行委員長であり、富山市のレストラン「ル・ポワソニエ」のシニアソムリエでもある
武田眞知子さんは、このイヴェントを思いついた1年前からの
ことを振り返って言いました。
「とにかく何もないところからだったので、まずは具体的運営策に始まり、
飲食を提供していただける店舗の確保、会場選びなど縦横無尽に動き回りました。」
結果、最終的には断らなければいけないほどの店舗を確保し、ワインも
長野県のワインの重鎮、高野豊氏の声掛けのもと5つのワイナリーが
参加が決定したわけです。
RIMG0010_convert_20090706081937.jpg
RIMG0023_convert_20090706082544.jpg
(上)実行委員長の武田眞知子氏
(下)実行委員杉浦健一氏(写真左)自身の店、「クオーレ」の出店ブースにて

参加ワイナリーと店舗は以下のとおり


アルプスワイン
ミュゼ・デュヴァン[塩尻メルロー]
ミュゼ・デュヴァン[桔梗ヶ原マスカットベリーA]
氷熟仕込[コンコード]
ミュゼ・デュヴァン[善光寺竜眼]
氷熟仕込[ナイアガラ]
井筒ワイン
NACメルロー[2008]
NACメルロー[熟成2004]
無添加ワイン[デザートコンコード]
無添加ワイン[ナイアガラ]
無添加ワイン[コンコード・ロゼ]
あずみアップル<
ドゥジェム[ピノ・ノワール07]
ドゥジェム[メルロー07]
ドゥジェム[シャルドネ07]
ドゥジェム[ソーヴィニヨン・ブラン07]
青木原[シャルドネ06]
信濃ワイン
NACスタンダード[コンコード]
メルロー[クラシカル]
NACスタンダード[ナイアガラ]
葡萄交響曲[シャルドネ]
信濃[巨峰・ロゼ]
安曇野ワイナリー/p>
コンコード2008
竜眼2008
シャルドネ
花梨KARIN[甘味果実酒]
ホーライサンワイナリー(富山)
海幸山幸[PBラベル]赤白
立山ワイン赤白
とやまワイン[ヴァンブラン]



メルシー食堂quatre
ミカサノミア
梅かま
noce
クオーレ
高芳・コンフォルターブル
T-MARKS
プロメテウス
サンタディコマール
大和
アグレステ
ささら屋
ベッカライクラモト
とやまチーズ


さすが、海の幸と謳われているだけあって、目玉はそのとき旬の白エビ。白エビのテリーヌに白エビおやき、白エビのアヒージョに白エビのフリット・・・白エビオンパレード
もうひとつはその消費量日本一昆布
ひらめやカジキの昆布〆、昆布と野菜のテリーヌ、ナン昆布、、、帰りがけにデパ地下のドンクに寄ったら昆布あんぱんなるものがフツーに売ってましたからジモティにはさほど驚くことではないのかもしれませんが、よそモンには軽くカルチャーショックです
RIMG0018_convert_20090706082447.jpg
RIMG0026_convert_20090706082652.jpg
(上)白エビのフリットは目の前で揚げられる
(下)ナン昆布

その中でも私が注目したのは「とやまチーズ」。
フレッシュチーズを使った‘焼きチーズ’を販売していたんですが、これが食感はフェタチーズ、味はモッツァレッラ、の塩気が効いたなんとも美味なのでした
もっとビックリなのは、そのチーズやさん、ブラジル人がやってるんです
富山の牛乳にほれ込んだ代表のファリアスさんが6年前に高岡市に開業、無添加の牛乳で造ったチーズを普段は車で移動販売しているんだそう。
う~ん、富山のインターナショナルな底力を知った
RIMG0011_convert_20090706082101.jpg
RIMG0013_convert_20090706082202.jpg
(上)とやまチーズのブース 全員ブラジル人
(下)焼きチーズ 不思議な食感と焼いても溶けない不思議

一方、ワインのほうは、これはこれはで大盛況、1アイテム各24本用意されていたボトルは
午後2時の段階で売り切れを懸念する声さえ上がっていました
にもかかわらず、大した酔っ払いもいなく、ワインの販売スタッフに熱心に問いかける
富山の人たち、レベルかなり高いとみました
RIMG0007_convert_20090706081653.jpg
井筒ワインのブース 熱心に説明に耳を傾けるお客さん

合間合間には特設ステージでミニコンサートやトークショーなどが行われ
会場内は常に大盛り上がり。
「これは来年もゼッタイやるな」を確信して帰路に就いたのでした
RIMG0035_convert_20090706082746.jpg
シャンパンサーベルのパフォーマンスをみせる高野シニアソムリエ

にしてもー
ブースの前で気持ちよく飲んでいたら
「チューリップテレビですぅ」
とオネエサンがインタビューに来たので
のこと聞かれるんだろな」っと
瞬時に答えるアレコレを考えていたら
「婚活についてどう思いますか?」
ですと
スポンサーサイト
コメント

お礼

遅くなりましたが、御来県有り難うございました。

たっぷりの時間を楽しんでいただいたようで嬉しく思います。
レポートご苦労様でした。
大変な事業を無事終えたことでホッとしています。

また、富山に遊びに来てください!!

富山発 日本ワインの楽しいひとときを当店で・・・(笑)

No title

クオーレのスーさん

その節はお疲れ様でした。
そして記事アップの連絡が遅れてしまってスイマセンでしたっ。

あれから1ヶ月が経ち、いつもの静寂が戻ってきたころかと思います。
(でも来年もやるんでしょ?)
そう、なんか富山の人ってみんなやさしいなぁって感じました。
会場でもホテルでもコンビニでも・・・
口調もゆったりしてるからかなぁ
いや、やっぱりCuore???

次回はぜひお店にうかがいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本ワイン編集長

Author:日本ワイン編集長
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。