スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤利三郎商店

6月17日、我が「日本ワインを愛する会」の事務局長、遠藤誠が念願であったワインバーを開店しました
その名も「遠藤利三郎商店」。
これはこの地、押上で味噌問屋を営んでいた遠藤氏の祖父の名前。昨年廃業、そして店はその味噌問屋の跡地に作られました。つまり自宅RIMG0101.jpg

重厚な扉を開けると大きなカウンター席と壁一面ビッシリと並べられたワインボトルに目を奪われます。飾りではありません、売り物です

友人である橋本夕紀夫氏デザインの店内は落ち着きと温もりが感じられるレンガの壁、確か音楽はかかっていた、と思いますがなによりのBGMはお客さんの談笑でしょう
「いったい何種類くらいのワインがあるの~?」と遠藤氏に尋ねたところ
「さあ、7~800種類はあるんじゃない?」ですとまぁ、売るほどあるんです
そんな膨大な種類のはきっと選ぶだけで時間がかかってしまってイヤっって人はシニアソムリエの林洋介店長に相談しましょう。好みや予算に合わせてピッタリな1本(2本、3本?)をチョイスしてくれます。ワインショップ直営ならではの小売価格+¥1000で飲めてしかも¥2000台からあるときた日にゃ(ってどんな日?)も心配せず飲めるってもんです
ワインバーとは謳ってますがもどうして、美味しく、しっかり、ガッツリいただけます。の親指の付け根が痛くなる病を持つ経営者の店ですから間違いはありません
フランスやベルギーのミシュラン星つきレストランで働いた経験をもつ長良一シェフが腕をふるいますよー。肉料理も充実していますが野菜もたっぷり摂れます。中でもストウブの鍋を使った野菜の蒸し焼きは、目の前に運ばれてくるワクワク感と蓋を開けたときのシズル感がたまりませぬ
どれも¥1000前後とリーズナブルだし、カウンターの目の前で次々と出来上がる皿を見ていると、あれやこれや全部食べてみたくなる・・・ヤバイですRIMG0104_convert_20090629080819[1]RIMG0105_convert_20090629081351[1]


家が近い人はいいけれど、遠い人はくれぐれも注意あっという間に時間が過ぎ、電車なくなっちゃいます(誰のこと?

遠藤利三郎商店
131-0045 東京都墨田区1-33-3
03-6657-2127
18:00-24:00(L.O.23:00)日曜休

スポンサーサイト
コメント

No title

いつもお世話になります。
ブログ開設&ワインバーご開店おめでとうございます!

西側の人間なのでちょっぴり遠そうですが、
ぜひ一度伺いたいと思います。

おっ!

これはかなり行ってみたいかも。
正直遠いので、早い時間から飲み始めるしかないな。
で、編集長はちゃんと帰れたの?(笑

No title

nabeさん
お、どなたかと思いきや、訪問ありがとうございます。
別に私の店ではありませんが、お近くにお越しの際は是非
立ち寄ってみてくださいね。いい店です。

No title

パパさん
どもども。
うちからもそんなに近くないけどパパんちからはもっと遠いねぇ
開店早々にぜひ一度!
ヘタレはヘタこいて帰れず~~~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本ワイン編集長

Author:日本ワイン編集長
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。