スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桔梗ヶ原メルロー

2013年8月26日(月)

シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー特別セミナー

シャトー・メルシャンのフラッグシップ
桔梗ヶ原メルロー

長野県塩尻桔梗ヶ原地域に1976年に植えられたメルローは
1985桔梗ケ原メルローとして1989年に世に送り出されました
以降、このワインは試行錯誤を重ね、世界的コンクールでは上位入賞常連組

その試行錯誤に少なからぬ力添えを果たしているのは
シャトー・マルゴーCEOであるポール・ポンタリエ氏です
氏は1998年からメルシャンの醸造アドヴァイザーを務めています
(メルシャンの藤野勝久氏がボルドーのシャトー・レイソン赴任時、当時‘雲の上’と崇めていたポンタリエ氏ですが、両氏のご子息が同じ小学校に通っていた、というところから始まったご縁だそうです)


そのポンタリエ氏が来日し
桔梗ヶ原メルロー1990と、桔梗ヶ原メルロー シグナチャー2002、2007、2009のヴァーティカルを一緒にテイスティングする機会に恵まれました
(シグナチャー:シャトー・メルシャンの最高峰 厳しい栽培管・選果・醸造管理を経た候補の原酒を、ワインメーカーがブレンド段階で選別←っともっともらしく表すとこういうことですが、とにかく条件がそろって初めてリリースされるわけですから、毎年造られるわけもなく、おまけに生産本数が1400~1600本/年という極端な少なさなため、市場に出回ることが滅多になくマニアからは涎もののワインなのですょ)
004.jpg
ポール・ポンタリエ氏と藤野勝久氏

★シャトーメルシャン 桔梗ヶ原メルロー1990
1990年は世界的に良年だったが日本も例外ではなかった
畑は棚式
→ポンタリエ氏が初めて出会ったヴィンテージ

★シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー2002
畑は棚式
→ポンタリエ氏のアドヴァイスによるアッサンブラージュ

★シャトー・メルシャン 桔梗ケ原メルロー シグナチャー2007
この年も良年
畑は垣根式

★シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー シグナチャー2009
2013年9月4日リリース予定
畑は垣根式67%棚式33% 




さすがに’90は熟成香がしますねぇ
この香は好き嫌いがあるようですが私は好きです
シグナチャーは同じ土壌と高い新樽比率(100%)からくるのか、コーヒーのような苦味とバニラの香りが3種類とも共通に感じました
ただ、決定的に違うのは、’02と’07の間に大きな隔たりがあるということ
ポンタリエ氏は、「この地でメルローに棚は・・・」と疑問を感じ、垣根に植え替えました
結果、ポンタリエ氏が植物的と表する口中が痩せた感じがなくなり、若干乾いニュアンスはあるものの。ふくよかなワインに仕上がった、とのこと
(実際この‘植物的’ニュアンスは「これを植物的って言うのかぁ」っと勉強した次第)
まもなく発売される’09については「まだ若いがポテンシャルを感じる、きれいな果実味も出ている」と絶賛
このほかにも、メルシャンのコンセプトである「フィネス&エレガンス」は氏の哲学「調和とバランス」からきているということ、「いいワイン造りにレシピはない、意見交換をしてこそできあがるもの」など、独自の観点からワイン造りをしてきたポンタリエ氏

桔梗ヶ原という土壌、メルシャンの丹精込めた栽培・醸造、そしてポンタリエ氏のアドヴァイス
これらの結集が桔梗ヶ原メルローを造り出していることを実感しました
貴重な機会に感謝!
あー、それにしても残してきたグラスの中のワイン、時間があったら飲み干したかったわぁ
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本ワイン編集長

Author:日本ワイン編集長
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。