スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高畠ワイン

2010年7月23日(金)

ピーカンです朝からピーカンです
こんな都会を逃げ出せるチャンスとばかり、早朝の新幹線に乗り込み一路山形へGO
前日の飲みすぎで車内爆睡後、高畠の地に降り立てばさぞかし涼しかろう・・・
んなわけはありませんでした。そういえば何年かは忘れましたが、気象庁観測史上最も気温が高かったのは
山形の40℃越えだったんだっけ
ひぃ
日差しは確かに強かったですが、それでも湿気はさほど感じず、東京よりはるかにマシ!でした。

テイスティング会場は今年も浜田広介館ひろすけホール。
私は3回目の参加となりますが、この会自体は8回目になります。
今回奥山社長は所用でいらっしゃらず残念でしたが、村上取締役営業部長が迎え入れてくれ無事スタート。
以下の6種類がテイスティングされました。

2007 穣-minori-スパークリングシャルドネ
2009 上和田ピノブラン
2009 高畠シャルドネ樽発酵ナイトハーベスト
2007 高畠プレミアムブレンド
2009 高畠プレミアムブレンド
2009 高畠カベルネソーヴィニヨン(自社農園)


ゲストコメンテーターはお馴染み、橘勝士氏。
長年山梨でワイン造りに尽力されて、現在は高畠ワイナリーの顧問をされています。
そして去年ゲストコメンテーターとして招かれていたエノロジストの川邉久之氏が
今年はナント、高畠ワイナリーの取締役製造部長として壇上に上られていました。
昨年の10月に就任されたそうです。
1988年から2002年までぶどうの収穫を15回、カリフォルニアのナパヴァレーで経験され
自らをNapanese(ナパの日本人)と名乗っているそうです。(←by高畠ワイナリーのブログ)
一方で昨年の高畠の気候などの説明をしてくれたのが、これまたニューフェイス、実家がデラウエア農家だという製造セクションの四釜伸一氏、若いです

鬮倡腹繝サ繝壹ル繝ウ繧キ繝・繝ゥ繝サ繝吶Ν繧ョ繝シ繝薙・繝ォ謚懃イ・009_convert_20100803075541橘さん
鬮倡腹繝サ繝壹ル繝ウ繧キ繝・繝ゥ繝サ繝吶Ν繧ョ繝シ繝薙・繝ォ謚懃イ・010_convert_20100803075640川邉さん
鬮倡腹繝サ繝壹ル繝ウ繧キ繝・繝ゥ繝サ繝吶Ν繧ョ繝シ繝薙・繝ォ謚懃イ・011_convert_20100803075811四釜さん

2009年という年は契約農家さんの努力のおかげもあり、糖度が高く優れたぶどうができたそうです。7月は雨が多く(したがって日照時間も短く)多少の病気も心配だったけれど9月の降雨量がとても少なく、これがとても幸いしたとのこと。
この後、川邉氏のテイスティングコメントになるわけですが、若き日々をアメ~リカのぶどう畑で過ごしてきているため、醸造用語がほとんど英語(スクリーンに映し出される文字も横文字多し)
私自身ついていくのに大変だった(いや、ついていけてなかったな)んですが、この四釜さんの話す山形弁とのコントラストがなんとも鮮やか

さてワインです

2007穣-minori-スパークリングシャルドネ(8月5日発売)
ファーストヴィンテージ
おなじみ「嘉」はステンレスのみの発酵・熟成だが「穣」はフレンチオークうを使っている
重厚な飲み口。グビグビというよりは時間をかけて飲みたい

2009上和田ピノブラン
高畠町上和田地区のぶどうを使用
元々香りに特徴がない品種だがAlchemyⅠという酵母を使うことによって香りが豊かになるという
言われてみれば青草の香りばほんのりと

2009高畠シャルドネ樽発酵ナイトハーベスト
2009年10月8日深夜収穫
深夜に行うと低温のまま高糖度のぶどうが収穫できるという
新樽(90%)のせいかネットリとしていてナッツの風味豊か

2007高畠プレミアムブレンド
赤ワイン(カベルネ・ソーヴィニヨン45%、メルロー45%、プティ・ヴェールド10%)
いわゆるボルドーブレンドだがこのヴィンテージに関しては重厚さはあまり感じない

2009高畠プレミアムブレンド(バレルサンプル)
現在フレンチオークにて熟成中のもののサンプルとして
赤ワイン(カベルネ・ソーヴィニヨン6%、メルロー64%、プティ・ヴェールド30%)
セパージュの品種は同じだがパーセンテージはまったく違う
果実味豊か

2009高畠カベルネソーヴィニヨン(バレルサンプル)
現在フレンチオークにて熟成中のもののサンプルとして
自社農園100%
まるでぶどうを干したかのような(アマローネみたいな)濃厚な香り

以上、川邉氏の説明(かなり端折ってます)と私の印象一言でした
本当はもっともっとたくさんの専門的な説明があったのですが、私の能力ではここでは再生不可能です
ゴメンナサイ

おっと速報です。
2010年ジャパン・ワイン・チャレンジにおいて
2007穣-minori-、2009上和田ピノブラン、2009ナイトハーベストが銅賞を、2007プレミアムブレンドが奨励賞を受賞しました、おめでとうございます

存分にアペリティフを堪能したあとはランチタイムです
昨年同様、米織観光センターにて十割そばとすき焼き(ここはかの有名な牛の産地高畠のとなり駅)をいただきました。
いつもおいしゅうございます
鬮倡腹繝サ繝壹ル繝ウ繧キ繝・繝ゥ繝サ繝吶Ν繧ョ繝シ繝薙・繝ォ謚懃イ・013_convert_20100803075903The Yonezawa


午後はワイナリーに足を向け、川邉製造部長の案内でシャトーの前に広がるピノ・ノワールの自社畑、ワイナリー内の醸造施設を見学して、地下のセラーで眠るバリックの中のワインをテイスティングです。ワイナリー訪問の醍醐味ですね
鬮倡腹繝サ繝壹ル繝ウ繧キ繝・繝ゥ繝サ繝吶Ν繧ョ繝シ繝薙・繝ォ謚懃イ・015_convert_20100803075950ピノ・ノワール畑


そうそう、そういえば製造グループには四釜さんのほかに、昨年は見かけなかった伊藤昇氏、松田旬一氏というお二人とも会いました。彼らも若いです、勢いアリマスそしてジモティです。

高畠の人々が高畠のぶどうで高畠で醸す

実践、始まってます
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本ワイン編集長

Author:日本ワイン編集長
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。