スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ワインを愛する会総会&日本ワインを楽しむ2010

2010年3月13日(土)
日本ワインを愛する会
総会&「日本ワインを楽しむ2010」
於:アイビーホール青学会館(ナルド)

年に一度のお楽しみ
ついにこの日がやって参りました
今年は会場を青学会館に移し、日本ワインを和食とともに味わっていただこうという寿司、いえ趣旨の本
つめかけた日本ワインラヴァーは200名逕サ蜒・005_convert_20100401083550


ご馳走を目の前に焦らすわけではありませんがまずは年に一度のご報告
総会です

まずは麹谷宏理事からごあいさつ
なんでも先日ボルドーのシャトー・デュクリュ・ボーカイユのご夫妻とご一緒したとき
「今フランスでも日本ワインは話題になってますよ」と言われてとてもうれしかったとか
銀座の三ツ星レストランロオジエでも日本ワインがオンリストされるなど
うれしい話は続きました。
そして日本のワイン愛好家たちもまた「知っている」をはるかに通り越して
「本当によく知っている」人たちの増えたこと
でも知ってるだけでは広まりませんよ~
もっとお店に日本ワインを置いてもらわないと
そして「日本ワインのワイン会をどんどんやろう!!」と提案しました
続くは遠藤誠理事より2009年度の活動報告と現在の会員状況(ワイナリー会員84社/賛助会員23社/個人会員312名)の発表
そして石井もと子理事による音頭でかんぱ~い
今回体調不良により大塚謙一会長、都合により山本博理事は欠席でした、残念

ともあれ、戦いの(?)火蓋は切って落とされました
攻めるは200名の日本ワイン愛好家の精鋭たち、迎え撃つは42社130種の日本ワインと寿司や刺身、てんぷらといったThe Japanese Cuisineたち、豚の角煮、焼き魚、はたまた鮟肝、粕漬け、カラスミ、塩辛などの珍味系まで、総総たる日本の食卓の友が並びます
逕サ蜒・039_convert_20100401084554逕サ蜒・040_convert_20100401084702

逕サ蜒・043_convert_20100401084757逕サ蜒・044_convert_20100401085015
逕サ蜒・047_convert_20100401084905逕サ蜒・050_convert_20100401090913





出展ワイン
北海道ワイン(北海道)/鶴沼ツヴァイゲルト・レーベ2007、鶴沼ヴァイスブルグンダー2007、おたるナイヤガラスパークリングNV、北海道ケルナー2008
高畠ワイン(山形)/上和田ピノブラン2009、フレッシュ&ドライシャルドネ2009、高畠MBA&メルロー2005、高畠プレミアムブレンド2006、高畠メルロープレミアム2005、嘉シャルドネ樽熟成2002、嘉スパークリングシャルドネNV、嘉スパークリングブラン2006
フェルミエ(新潟)/カベルネ・フラン2008、ケルナー2008、ロゼ2009
ココファーム・ワイナリー(栃木)/足利ここ(口辺に瓜×2)和飲(あしかがここわいん)2008、甲州F.O.S 2007
アルプスワイン(山梨)/ASSEMBLAGE Type R 2008、ASSEMBLAGE Type R ロゼ2009
サッポロワイン勝沼ワイナリー(山梨)/グランポレール北海道ケルナー辛口2007、グランポレール長野古里ぶどう園シャルドネ2007、グランポレール勝沼甲州遅摘み・辛口2006、グランポレール長野メルロー&カベルネ2007
サントリーワインインターナショナル(山梨・長野)/登美の丘ワイナリー 登美の白2006、塩尻ワイナリー信州マスカットべーりーA2008、塩尻ワイナリー信州メルロー2006、登美の丘ワイナリー 樽発酵甲州2008
シャトー勝沼(山梨)/生詰め甲州2008、生詰め勝沼2008、スパークリング ロゼ2009、スパークリング マスカット2009
シャトー酒折ワイナリー(山梨)/甲州ドライ2006、甲州セミスイート2008、甲州樽発酵2009、Kisvin Koshu2009、デラウエア2009、マスカットベリーA クレーレ2009、マスカットベリーA 樽熟成2007、マスカットベリーA キュベイケガワ2008
シャトー・ジュン(山梨)/甲州2008、セミヨン2008、シャルドネ2008、べりーA(生産者用)2009
スズラン酒造工業(山梨)/明野カベルネソービニヨン2008、シラー2009、メルロ2009、シェンブルガー2008、シャルドネ2006
蒼龍葡萄酒(山梨)/甲州トラディショナルリッチテイスト2008、シトラスセント甲州 新酒2009、勝沼の甲州2008、メルロー&カベルネ2007
本坊酒造 山梨マルスワイナリー(山梨)/甲州ヴェルディーニョ2008、ぺティ・ローズNV、シャトーマルス・カベルネ・ベリーA 穂坂収穫2007
まるき葡萄酒(山梨)/勝沼新鮮組 甲州辛口2009、勝沼新鮮組 ベリーA2009、山ソービニオン2007、ボヌール ロゼNV
丸藤葡萄酒工業(山梨)/ルバイヤート甲州シュール・リー2008、ルバイヤートソーヴィニヨン・ブラン2009、ルバイヤート勝沼シャルドネ2007、ルバイヤートプティヴェルドー東白坂収穫2008、ルバイヤートメルロー金ラベル2004、ドメーヌルバイヤート2006
メルシャン勝沼ワイナリー(山梨)/シャトー・メルシャン 長野メルロー2007、シャトー・メルシャン 長野シャルドネ2008、シャトー・メルシャン 甲州きいろ香2008、勝沼のあわ2009、穂坂のあわ2009、シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー オー・ド・ヴィ・ド・マール2006
盛田甲州ワイナリー(山梨)/小川農園甲州2009、樽熟成マスカット・ベリーA2008
大和葡萄酒(山梨)勝沼甲州2008、古代甲州2008、リュギースパーク甲州等々力2008、微睡2009
アルプス(長野)/ミュゼドゥヴァン 松本平ブラッククイーン2007、ミュゼドゥヴァン 善光寺竜眼2006、ミュゼドゥヴァン 松本平・善光寺シャルドネ2008、信州ブラッククイーン&メルローNV
サンクゼール(長野)/サンクゼール・シャルドネ2006、シードル、長野ルージュ2008
たてしなップル(長野)/たてしなップルシードル オリジナル2008、たてしなップルシードル セック2008
志太 中伊豆ワイナリー シャトーT.S(静岡)/志太農場シュールリー2008、志太 シャルドネ2008、志太
メルロー2008

寄贈ワイン
池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(北海道)/町民用ロゼ「さ・いけだ」NV、十勝ワイン 山幸2005
はこだてワイン(北海道)/ガルトネル・ツヴァイゲルト・レーベ2008、ガルトネル・ピノ・ノワール2006、ガルトネル・ケルナー・シュール・リー2007、ガルトネル・ケルナー・ジュース・リザーブ2007
富良野市ぶどう果樹研究所(北海道)/ミュラートゥルガウ2009
エーデルワイン(岩手)/五月長根葡萄園 白2008、ハヤチネーゼ ツヴァイゲルトレーベ 樽熟成 赤2006、新樽発酵 リースリング・リオン 白2006、ロースラー 赤(試験酒)NV
朝日町ワイン(山形)/プレミアム・ルージュ2008、スパークリング・ナイアガラ2009、スパークリング・マスカットベリーA2009
秩父ワイン(埼玉)/ちちぶワイン低音かもし樽貯蔵、ちちぶワイン G-3赤、ちちぶワイン甲州樽貯蔵2002
旭洋酒ソレイユワイン(山梨)/それいゆ ピノ・ノワール2007
麻屋葡萄酒(山梨)/麻屋シャルドネ樽熟成2007、麻屋花鳥風月ルージュ「花」2008、麻屋花鳥風月ブラン「鳥」2008
サドヤ(山梨)/ロゼ・スパークリング2009
サントネージュワイン(アサヒビール 山梨)/サントネージュスパークリング甲州2007、サントネージュエクセラントリミテかみのやま収穫カベルネ・ソーヴィニヨン2004、サントネージュエクセラントリミテかみのやま佐竹畑収穫シャルドネ2005
三養醸造(山梨)/雁坂の夢
敷島醸造(山梨)/カベルネ2006、マスカット・ベリーA 樽熟成2007、甲州2009
白百合醸造(山梨)/勝沼甲州樽熟成2008
中央葡萄酒(山梨)/グレイス甲州 茅ヶ岳2008
原茂ワイン(山梨)/ハラモヴィンテージ 甲州 樽熟成2007
フジッコワイナリー(山梨)/フジクレール セレクション シャルドネ2007
安曇野ワイナリー(長野)/ナイアガラ2009、ナイアガラ ペルレ2009
井筒ワイン(長野)/井筒ワインNACメルロー2009、井筒ワインNACメルロー(樽熟)2007
ふなおワイナリー(岡山)マスカットワイン フリーラン2008、マスカットワイン2008
巨峰ワイン(福岡)/巨峰テーブルワイン
2月の甲州ワインと和食のイヴェントの時もそうでしたが、このほぼ無限大∞といってもいい組み合わせには最初は面食らいつつも、食べたいものを食べ、飲みたいものを飲むという動物本来の()欲求に気づくのは早かったようで、しばし放し飼い(ウソです)。食べ物の第一ラウンドはあっという間に終わり、第二ラウンドに差し掛かったところで参加者の声を拾ってみたところー

*グランポレールケルナー×塩辛、松前漬け、カラスミ珍味セット
→ぜんぜん生臭くない
*メルシャンきいろ香×白身魚の刺身
→魚の中でもあっさりめの白身とワインのキリっとした酸味がgoo
*とかちワインの山幸×鴨のロースト
→ワイルド×ワイルドの勝利
*シャトージュンシャルドネ×鶏と野菜の煮物
→シャルドネのソフトな香りと鶏のやさしい脂分がいい
etc.etc...

個人的にもマスカットにきゅうり、とかヴァイスブルグンダーに道明寺、とかいろいろ実験をして目からウロコを体感しました
それと日本のワインでは初めて、ロースラーとシェンブルガーというドイツ系品種を飲みましたがこれが美味しく、これから注目したいところです。
逕サ蜒・015_convert_20100401083939逕サ蜒・018_convert_20100401084050
逕サ蜒・011_convert_20100401083841逕サ蜒・006_convert_20100401083646




中盤戦は出展者(造り手)による30秒PRターイム
辰巳琢郎副会長との漫才ヨロシクの掛け合いでこの日振舞った1本を壇上で思い切り自慢するコーナーは
もはや毎年恒例の名物コーナーとなりました
逕サ蜒・023_convert_20100401084259逕サ蜒・026_convert_20100401084355



そして会はこのまま辰巳副会長の〆のあいさつ
レストランに行ったら「あれ、日本ワイン置いてないの?」彼の‘一声運動’の戦略を伝授してお開きとなりました

発足以来約6年活動してきたこの会、最初は手探りで前も見えぬ状況からのスタートでしたが
ワイナリーの会員の皆さま、日本ワイン愛好家の皆さまに支えられながらおかげさまでここまで来られました、し、
世の日本ワインに対する認識もかなり向上したと思っています。
この会の活動自体はだいぶこなれてきた感はありますが、ここからまた一歩先への飛躍をしなければいけません。
超えても超えても終わらないロールプレイングゲームのようですが、生涯学習だと思ってひとつひとつこなしていくのもまた楽し、です。
最後に、ワインをご提供くださった出展者の皆さま、寄贈してくださったワイナリーの皆さま、参加してくださった日本ワイン愛好家の皆さまに心より感謝いたします。

日本ワインを愛する会HP編集長
小山田貴子
スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメント

行きたかったですね~

日本のワインがどんどんメジャーになっていく事が嬉しい最近です☆
一言運動も定着してきましたね~
北海道でもあちこちでも
「日本のワイン」をじゃんじゃん布教活動しちゃいますよぉ~v-411

No title

いつも応援ありがとうございます。
北海道のワインもすごいですけど応援団も協力ですねーv-91
引き続きバックアップよろしくお願いしまっすe-343

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本ワイン編集長

Author:日本ワイン編集長
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。