ガイム省

2011年1月25日(火)

こんなとこ来ていいの
ってなところに初潜入


当会の遠藤事務局長の縁あって
外務省でセミナー&テイスティングをすることになりました。

入り口でID見せること3回
さらにはセキュリティーチェックは
空港でやるのとまったく一緒
キビシ~

「平成22年度第3回在外公館赴任前研修」螟門漁逵・シ抵シ撰シ托シ大ケエ・第怦・抵シ墓律_convert_20110204082818

これから海外に赴任する大使さんを前に遠藤事務局長がセミナーをしたわけですが
トルコ、スロベニア、スウェーデン、韓国、、、といった
それこそこれから世界散り散りバラバラに赴任していく大使さんたちが参加してくださいました。螟門漁逵・シ抵シ撰シ托シ大ケエ・第怦・抵シ墓律+006_convert_20110204082909

まず、「日本ワイン」と「国産ワイン」の違いを知っていただいた上で
(詳しくは日本ワインを愛する会の「日本ワインとは」をご参照ください)
ここ30年余りの日本ワインの目覚しい成長を説明、さらには和食との相性のよさも当然アピール。
和食にはニホンシュ、外交としてはとかくセットで推奨しやすいこの組み合わせですが
世界的に受け入れやすいワインはより興味を示していただけるのではないか・・・
ハイ、私もそう思います。
「刺身など生で提供することの多い日本食にワインは生臭くない?」との懸念は
日本の固有品種‘甲州’を例え、長きに渡って食べるブドウだったこの品種、実は
ワインを造るための品種、ヴィティス・ヴィニフェラであったことをつきつめたことで
より和食寄りのワインであることを強調しました。

その後のテイスティングは、その甲州も含め、日本ワインの実力を知る上でも十分なラインナップを18種類、
大使の方々に飲んでいただきました。
ワインリストは以下の通り
NOVOブリュット ココファーム・ワイナリー(栃木県) リースリング・リオン
キザンスパークリングトラディションブリュット 機山洋酒工業(山梨県) 甲州
シャトー・メルシャン甲州きいろ香 メルシャン(山梨県) 甲州
グレイス甲州シュール・リー 中央葡萄酒(山梨県) 甲州
登美の丘樽発酵甲州 サントリーワインインターナショナル(山梨県) 甲州
五月長根葡萄園 エーデルワイン(岩手県) リースリング・リオン
北海道ケルナー 北海道ワイン(北海道) ケルナー
酸化防止剤無添加シャルドネ 高畠ワイン(山形県) シャルドネ
奥出雲ワインシャルドネ 奥出雲葡萄園(島根県) シャルドネ
シャトー・メルシャン山梨ベリーA メルシャン(山梨県) マスカット・ベーリーA
岩の原ワインマスカット・ベーリーA 岩の原葡萄園(新潟県) マスカット・ベーリーA
マスカット・ベーリーAキュベイケガワ樽熟成 シャトー酒折(山梨県) マスカット・ベーリーA
ソガペールエフィスオーディネール 小布施ワイナリー(長野県) メルロー/カベルネ・ソーヴィニヨン
ジャパンプレミアム塩尻メルロ サントリーワインインターナショナル(長野県) メルロー
シャトーメルシャン桔梗ケ原メルロー メルシャン(山梨県) メルロー
グランポレール北海道ケルナー遅摘み サッポロワイン(北海道) ケルナー
おたるナイアガラ北海道の詩 北海道ワイン(北海道) ナイアガラ
登美貴腐ノーブルドール サントリー(山梨県) リースリング

スパークリング、白、赤、そして甘口まで、日本のワインを堪能していただきました。
みなさんワインにはお詳しく、質問も高度だったのですが
「こんな(寒い)ところでもワインができるんですね」とか
「同じ品種でも造り手によってこんなに味が違うんですね」と感心されていました。
ヨッシャ、好感触!螟門漁逵・シ抵シ撰シ托シ大ケエ・第怦・抵シ墓律+011_convert_20110204083010

っと勝手に満足してのお開きとなりました。
この後赴任されて日本食には日本ワイン、をアピールしてくださることを願って止みません。
参加してくださった大使のみなさん、ありがとうございました。
そしてワインを提供してくださったワイナリーのみなさん、いつもいつもありがとうございます。

スポンサーサイト
プロフィール

日本ワイン編集長

Author:日本ワイン編集長
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード