スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩の原@押上

2010年5月31日(月)

当会遠藤誠事務局長の店「遠藤利三郎商店」(自宅)に於いて
岩の原葡萄園のワインをテイスティングしてきました
スカイツリーは第一(?)展望台まで完全に出来上がり
駅前にはカメラ小僧たちが(って古いか)常に20~30人群がっていて大変な盛況ぶり
遠藤利三郎商店の店内もそれに負けず劣らず活気付いてましたよ

岩の原葡萄園は昭和9年からサントリー(旧寿屋)の資本が入り、今回いらっしゃっていた坂田社長と醸造担当の高谷氏もサントリーの方々です。
なんでも以前坂田氏はワイン事業も長年なさっていましたが黒烏龍茶の開発にも携わったとか
高谷氏は入社時から長い間山崎(ウイスキー)の人だったとか
そして2年前からこのワイナリーに赴任なさったようです
何しろすぐそばに有名なスキー場がありますから、この地がどんな立地にあるか想像に難くないでしょう
「こんなに降雨量の多い(冬は積雪)山の中に今のご時世開墾する物好きはまずいないでしょう」と坂田社長が声を大にして言うくらいぶどう畑としてのテロワールは最悪なんだそうです
しかーし
「この最悪の土地にぶどう畑があること」の意味がこのワイナリーの最大の特徴だったのです

川上善兵衛という人物は、日本ワインを少しでも知っている人ならば耳にしたことのある名前だと思います。そう、巨峰(キャンベル・アーリー×センテニアル)マスカット・ベリーA(ベーリー×マスカット・ハンブルグ)を始め、現在も日本の主要ぶどう品種を造りだした人物です。(私は密かに‘交配King’と呼んでましたが
彼は元々そういう研究をする学者なんかではなく、岩の原の大地主の家に生を受けたいわば‘お坊ちゃま’だったのですが、明治元年というお上が殖産興業推進真っ只中に生まれてしまったものですからこれは何かしなくては・・・ってなことで地元にぶどう園を作ることにしたのです。
新潟ですから米処です
だからニッポンの主食である田んぼを潰すわけにはいきません。ただ山ならいっぱい余ってます。
そして農民もたくさん溢れていたので、最初から高い質を求めた興行というよりは‘農民救済’を第一の目的とした開墾だったようです。
善兵衛が交配に手を染め始めたのはそれから後のことで、メンデルの法則を応用して1927年、ついにマスカット・ベーリーAが誕生しました。しかもこの岩の原に。
(一般的にはマスカット・ベリーAと呼ばれることが多いですが♀の交配品種ベーリー=Baileyと表記するため、岩野原葡萄園ではあえてベーリーと読んでいるとのこと)
現在、最悪のテロワールながらも様々な栽培技術、醸造技術を駆使し、2009年国産ワインコンクール国内改良等品種赤ワイン部門においては「マスカット・ベーリーA2007」が最優秀カテゴリー賞(及び金賞)を受賞するまでになり、マスカット・ベーリーA発祥の地の面目を改めて表明できたのではないでしょうか

テイスティングしたワイン
深雪花(白)シャルドネ主体のNV
深雪花(赤)マスカット・ベーリーA主体のNV
2009ロゼ(6月15日発売)マスカット・ベーリーA 100%
スパークリングIWANOHARA(白)ローズシオター100%
スパークリングIWANOHARA(ロゼ)マスカット・べ・リーA100%
岩の原ワイン マスカット・べーリーA 2008
岩の原ワイン ヘリテージ 2008 マスカット・べーリーA100%
岩の原ワイン ブラック・クイーン 2008
岩の原ワイン レッド・ミルレンニューム


マスカット・ベーリーAはどれをとっても香りが華やか、抱えきれないほどのバラが束になってかかってきた感じ(そんなものはもらったことありませんがっ)さすが十八番です
赤も白も共通して感じたのは口に含むとシャープな酸味がピーンと一本通っていること。
雪深い厳しい上越の冬を感じさせます
スパークリングに使われていたローズシオターはシャスラ×シオターの交配品種。皮が甲州ぶどうのような色をしていてシャスラを掛け合わせることによってシオターの弱点(皮が薄いからすぐに破れてバンプ病にかかりやすい)をおぎなっているそう。
レッド・ミルレンニュームは善兵衛が交配したNo.6421という品種。レッドですが白です。マスカット・ベーリーAがバラならこっちはライチトロリと甘口に仕上げてあります。
またお勉強してしまいましたー、ホント、知らないことだらけです

善兵衛の魂と造り手の努力の結晶を飲んでいたら、畑にも行ってみたくなりました
スポンサーサイト
プロフィール

日本ワイン編集長

Author:日本ワイン編集長
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。